自分自身を解き明かすパーソナル数秘

数秘は古代 西洋で生まれた智慧です。体系立てたのはピタゴラスであると言われていますが、それ以前に既にエジプトなどで使われていたとされています。

生まれた日にちから算出する数字にたくさんのメッセージが込められており、

それは生まれる前に決意した日にちなのです。

 

また、生まれた時に授かった名前にも深い意味があります。

その時代、数秘はユダヤの聖典 旧約聖書を読み解くためのもので、ヘブライ文字を数字に置き換え、そこに隠された意味を読み解く術でした。 

それがアルファベットに置き換えられ、現在では名前から運命を読み解く身近な

ツールとなりました 。

 

自分の持つ数字に隠された意味は、本来の自分を解き明かす鍵となります。私たちは今回の「人生の目的」を既に生まれる前に決意しているのです。それが今生に於いての設計図となります。「自分の内面を深く知る」ということは、その大切な記憶を呼び覚ますことなのです。そして設計図を基に人生をデザインするのも自分自身です。

 

私は数秘に出逢うまでは、主に「外側」で生きていました。心ではなく頭で考えたことが自分の主となり行動していました。

冷たく斬るような言葉を発していたと思います。そんな生き方をしていては物事がうまく進むはずがありません。

自分の身の上に起こる様々な困難に遭遇し、人生にストップがかかり、何をどうしたら良いのか途方に暮れていた時に出逢ったのが数秘でした。自分の本質を知る、家族や周りの人々をありのまま受け入れる。数秘に出逢って本格的な自己発見の旅が始まりました。それらの道筋があって今があります。すべては宇宙のはからいなのです。

 

この数秘という古代から伝わる普遍的な智慧は、たとえば生まれた日にちが持つ基本的な3つの数字(Pledge Number)を 

とり上げてみましても、1200種類のパターンが存在します。時々、「生まれた日にちが同じ人とは、同じ人生を歩むのですか?」というご質問をいただきますが、統計学としての表面的なパターンのみを見たならばそうなります。しかし、人それぞれに、さまざまな考え方の傾向、センス、表現、反応、言葉、スピリチュアリティ。。。など、あなたの持つエネルギーの本質によって、受け取り方にも違いがあるわけです。数字の性質とご自身の本質を、どう融合させるかによって顕れる「今生との向き合い方」に、人と同じものは皆無であると私は思います。そこに、姓名の持つ数字が加わりますので、パーソナルなパターンが生命の数だけ 存在しているというわけです。

 

数秘との出逢い以来、様々なシーンにおいて、たくさんの数字たちと接してきました。特に人間関係における数字のサポートは、とても大きなものがあります。相手の持つ数字がわかると受容しやすくなります。また自分の持つ数字と相手の数字の

相性なども探ってゆきますと、私を受入れて下さってありがたいと思いがけず感謝が生まれる時もあり、自分自身も寛容で在りたいと思うのです。

簡単な算出方法で人間関係を円滑にするという、数秘は本当に優れたコミュニケーションツールでもあります。運氣サイクルの波など時間的な流れもサポートしてくれる、あなただけのパーソナルな数秘を多くの方々に是非、触れて頂きたいと願っています。

 

☆数秘カウンセリングメニューはこちら

☆数秘セッションのご感想はこちら