チャクラ

チャクラは サンスクリット語で車輪、円を意味します。身体に存在するエネルギーの出入り口で、中でも7つのチャクラは中枢を指し、このエネルギーセンターのバランスをとることは、心身の健康を保つことにつながる、とても大切なことです。

 

それはフラリと入った本屋さんでのことでした。その頃、本は殆どインターネットで購入していた為、本屋さんに行くのも久しぶりのこと、新刊の棚や心理系の棚などをぐるりと見てまわり、あるコーナーの前に立った時、1冊の本が浮き上がって見えたのです。まるで「買いなさい」と言わんばかりにです。その本が写真のデボラ・キングさんの本でした。

 

吸い寄せられるようにして手に取りそのままレジへ。家に帰り一氣に読みました。  ショッキングな内容になんとなく氣分が悪くなりながらも、チャクラに関する知識を頭に入れたことで、長年病院にお世話になっていたことが、少し軽くなったのでした。 その事実が私を行動へと向かわせました。詳細は実際にお会い出来た方々に口頭でのみお伝えしておりますが、約5年間、私はそのことで悩み、定期的に通院をして治療して、また、数ヶ月すると同じ症状に悩まされていたのです。検査をしても異常なし、ですが現れる症状、それが、あるエネルギーとの密接な関係により、チャクラの働きが乱れているのであろうということがわかったのです。その「わかった」ということで、私自身のエネルギーが変化し、身体が反応したのだろうと私は思っています。

 

それからチャクラに関する書籍をたくさん読みました。そして、自分の身体と密接に関係しているこのエネルギーセンターについて、きちんと学びたいと思ったのです。そして、ある先生にたどり着き、現在はおかげさまでチャクラをセルフ調整出来るようになり、私の身体はすっかり回復しました。

 

病院の定期検査は大切なことと思いますので、続けたいと思います。検査をしっかり行った上で、それでも身体の不調が拭い切れない場合は、もしかしたら私のようにエネルギーの不調から来ているものなのかもしれません。

 

チャクラの働きの大切さを講座にてお伝えさせて頂きます。

こちら